ストロベリーナイト 竹内結子主演 最高の刑事ドラマ動画・あらすじ感想ネタバレ視聴率

Pocket

ストロベリーナイト 竹内結子主演 最高の刑事ドラマ動画・あらすじ感想ネタバレ視聴率

実力派人気女優・竹内結子の刑事ドラマ初主演で代表作になった人気ドラマです。

ストロベリーナイトのドラマ動画を見る方法

主任のバッグがなぜ赤いのか?理由を知ってる方はストロベリーナイトマニア決定!

ストロベリーナイトが配信されている動画配信サービスVOD一覧

ストロベリーナイトといえばSPの方。連続ドラマ化される前の第1作なのですが、残念ながらストロベリーナイト SPの配信は現在ありません。(2019年2月21日現在)

Hulu フールー 14日間無料
→ 見れません。

U-NEXT 31日間無料トライアルあり
 レンタル
→ ストロベリーナイト 視聴可能 ◯

FOD 1ヶ月間無料
 定額見放題
→ ストロベリーナイト 視聴可能 ◯

dTV 31日間無料
 定額見放題
→ ストロベリーナイト 視聴可能 ◯

au公式ビデオパス 30日間無料
 定額見放題
→ ストロベリーナイト 視聴可能 ◯

Netflix
→ 見れません。

NHKのドラマは再放送があることが多いのですが、それ以外はNHKオンデマンドで見るか、<U-NEXT>
で見る方法もあります。

NHKオンデマンドだとNHKの番組だけになってしまうのですが
U-NEXTだとNHKドラマはもちろんのこと映像8万本以上見放題、雑誌70誌以上読み放題。
国内ドラマだけでも、見放題作品580本以上、レンタル作品380本以上。
31日間無料トライアルのあとは月額1,990円です。ちょっと他のサービスより高い気がしますが、よく見るとそうでもありません。毎月1,200円分のポイントがついてくるので実はかなりリーズナブルになっていることがわかります。

ストロベリーナイト無料見逃し動画リスト検索

基本的に公式ドラマ動画の見逃し配信は放送終了後1週間以内です。

NHKオンデマンドには無料動画はありません。

ストロベリーナイト動画サイト検索

無料版は公式配信の予告動画以外は違法アップロードサイトだと思われます。自身の良心と責任でご視聴ください。ウイルス感染にもご注意ください。

CMなしのキレイなドラマ動画を見るなら有料配信サービスVODをオススメします。広告もすぐ消せるならいいのですが10秒間強制的に見せられるんでかなりウザイです。それほど高い料金でもないし、広告なしで高画質で見られるHuluU-NEXTなどに代表される動画配信サービスをオススメします。

放送データ

放送 フジテレビ よる10時~(2010年11月13日)

原作 誉田 哲也著 ストロベリーナイト (光文社文庫)

出演者 竹内結子,西島秀俊,
    小出恵介,宇梶剛士,
    丸山隆平,手塚理美,
    津川雅彦,渡辺いっけい,
    遠藤憲一,武田鉄矢

ドラマ動画検索(50音順)
2019年冬ドラマ動画一覧(1月〜3月)
2018年秋ドラマ動画一覧(10月〜12月)

ストロベリーナイトの原作

「ストロベリーナイト」シリーズの原作は、累計240万部を突破する(2012年9月現在)誉田哲也氏の人気ミステリー「姫川玲子シリーズ」。スペシャルドラマ版は「ストロベリーナイト」、連続ドラマ版は「シンメトリー」「感染遊戯」「ソウルケイジ」の原作がベースとなっている。

ストロベリーナイトの出演者

主演の姫川玲子を演じるのは、本シリーズで刑事役初挑戦となる竹内結子。ちょうど30歳の時のドラマだったと思います。姫川玲子とほぼ同年代でしたね。ノンキャリアながらも27歳で警部補に昇りつめ、警視庁捜査一課で姫川班を引っぱる才色兼備の女刑事役は、竹内結子の当たり役となった。玲子が絶大な信頼を寄せる菊田役には西島秀俊、葉山役に小出恵介、石倉役に宇梶剛士、湯田役に丸山隆平、また、玲子の天敵のガンテツこと勝俣役の武田鉄矢、日下役の遠藤憲一をはじめ、渡辺いっけい、高嶋政宏、生瀬勝久、津川雅彦。

ガンテツ役の武田鉄矢さんもこのドラマで見事な悪役(犯人じゃないけど)を演じていて、金八先生以来の代表作だったと思います。

サーガが始まるにあたって再放送が期待されるのですが、小出恵介さんの事件もあってどうなるかなー?

キャスト

Wikipediaの解説に加筆しました。

姫川班

姫川 玲子(ひめかわ れいこ) - 竹内結子(高校時代:岡本あずさ)

30歳。警視庁捜査一課殺人犯捜査十係統括審議政策管理官補佐代理兼姫川班班長兼殺人犯捜査担当班長兼警視庁女性職員活躍づくり推進対策本部企画政策推進担当課長代理。警部補。
ノンキャリアから27歳で警部補に昇進するという異例のスピード出世を遂げ、警察という男社会で女性であるという偏見と戦いながら捜査一課で姫川班を率いる。天性の鋭い勘を何の疑問もなく捜査に反映させ、多くの事件を解決してきた。犯人の意識と同調しすぎてしまうという危うい一面も持つが、それが玲子の直感力が推理力を増幅させる原動力伴っている。姫川班メンバーからは「主任」と呼ばれている。
原作では妹がいたのに対し、ドラマでは家族構成は両親のみになり、娘の過去に囚われて一人暮らしを認めようとしない母親の瑞江とは心情的な確執を生んでいる。7cmのハイヒールを何足も履き潰している。エルメスのバッグ・赤いオータクロアを愛用する設定は、原作にないドラマ独自のもので、ドラマ中では描かれなかった過去に警部補に昇進した祝いとして中古品を24回のローンで購入したという背景があり、赤色を選んだ理由は劇場版で明かされる。

ちなみにストロベリーナイトが連続ドラマ化された時、竹内結子さんも同じ30歳だった。

菊田 和男(きくた かずお) – 西島秀俊

36歳。独身。巡査部長。
謹厳実直で寡黙な性格。体格が特別良いわけではないが、武道全般に長けている。玲子が警部補に昇進したのと同時に姫川班に配属。当初は年下の女性班長に戸惑うも、事件を共に追うに従い、玲子に上司としての確固たる信頼を寄せる。玲子に恋心を抱いているが、表面には出さない。甘いものが好物でよくイチゴミルクのジュースを飲んでいる事が多い。在庁時にはよく湯田とオセロゲームをして時間つぶしをしている。
パチンコが趣味で、非番や在庁時はパチンコ店に通う。

葉山 則之(はやま のりゆき) – 小出恵介

28歳。巡査長。連続ドラマ版より登場。玲子からは「ノリ」と呼ばれている。
新たに姫川班に配属されてきた、素直で真面目な刑事。中高一貫の有名進学校に通っていた中学時代、彼の家庭教師だった女性(演:江頭ゆい)が通り魔に襲われ殺害される事件を目の当たりに。その時、目撃したことを警察にいうことができなかったことがトラウマになり、刃物を見ると今でもすくんでしまう。そのため、最初は玲子が女性でありながら危険な職場で陣頭指揮をしていること、その女性と同名であることに戸惑いをおぼえ、必要以上に玲子に歩み寄ろうとしていなかった。女性を救えなかった自分を追い込むように仕事に励み、在庁時は必死に昇進試験の勉強をしている。

石倉 保(いしくら たもつ) – 宇梶剛士
48歳。巡査部長。妻と2人の娘を持つ。玲子からは「保さん」と呼ばれている。
姫川班では最年長のベテラン刑事であるが、班長の玲子には従順な部下でいる。玲子をはじめとする班のメンバーから厚い信頼を寄せられ、長年地道に培ってきた幅広い情報網や人間関係を武器に姫川班を支える。家族を大切にするいいお父さんで姫川班の良心。

湯田 康平(ゆだ こうへい) – 丸山隆平

26歳。独身。巡査長。連続ドラマ版より登場。玲子からは「康平」と呼ばれている。
大塚の殉職後、人員補充のため、今泉係長によって所轄から取り立てられ姫川班に配属された。明るく素直な性格で、姫川班のムードメーカー的な存在。

警視庁

勝俣 健作(かつまた けんさく) – 武田鉄矢

56歳。警視庁捜査一課殺人犯捜査五係勝俣班主任。警部補。通称「ガンテツ」。
公安出身の一匹狼。上司からも恐れられ敬遠されるが、手段を選ばぬ操作方法で犯人検挙率は最も高い。玲子にとって最大の天敵である。警察内外の情報戦に長け、影では警察の内部情報を売って裏金を作っているという噂も立っている。雑誌を丸めて凶器に使うなどかなり荒っぽい。

玲子に対し、「お前、刑事に向いてねえんだよ!」と恫喝する。

井岡 博満(いおか ひろみつ) – 生瀬勝久

42歳。独身。亀有西署→西ヶ原署→蒲田南署強行犯捜査係 巡査長→巡査部長。
姫川とは度々捜査を共にする。インチキ関西弁を話す。玲子には好意を持っているらしく「玲子ちゃ〜ん」と呼び、マイペースに付きまとう。そのため、姫川班からは煙たがられてはいるが、窮地の玲子を要所要所で助けることもある。たびたび「姫川班」の飲み会に乱入し玲子に近づこうとする。

今泉 春男(いまいずみ はるお) – 高嶋政宏

44歳。警視庁捜査一課殺人犯捜査十係係長。警部。
玲子の上司であり、捜査一課では数少ない良き理解者。所轄勤務だった玲子を周囲の反対を押し切って捜査一課に呼んだ。玲子の捜査能力を高く評価している。玲子の暴走にたびたび橋爪管理官との板挟みに会う。

日下 守(くさか まもる) – 遠藤憲一

41歳。警視庁捜査一課殺人犯捜査十係日下班主任。警部補。
玲子の天敵。玲子と同じ十係で日下班を率いているが、姫川班とは意図的に互いに違う事件を追っている。生真面目でしつこい性格で、必要以上に緻密で客観的な捜査方法をとり、勘に頼る玲子とは度々対立している。直感で直線的に動く玲子と、日下の可能性を一つ一つ潰していく操作方法が真逆ということでドラマの中でも対比としてわかりやすい。ドラマ内ではライバル関係ではあるが、根は玲子の実力を認めていて肝心な時に助けてくれる。

橋爪 俊介(はしづめ しゅんすけ) – 渡辺いっけい

49歳。警視庁捜査一課管理官。警視。
玲子の勘頼みの捜査を快く思わず、彼女のことを「お嬢ちゃん」あるいは「お姫様」と呼ぶなど、女性でありながら生意気で不遜な態度を取る玲子を邪険に扱う。

國奥 定之助(くにおく さだのすけ) – 津川雅彦
66歳。独身。東京都監察医務院監察医。
監察医の第一人者。玲子とは彼女の所轄勤務時代からの付き合い。玲子にとっては師でありながら、プライベートでは歳の離れた友人でもある。たびたび玲子が國奥が好きそうなスイーツや果物を持って訪問する。目的は、まだ事件化されていない遺体の情報を得るためらしい。

小峰 薫(こみね かおる) – 田中要次
警視庁刑事部鑑識課主任。
SP版より登場。姫川が惨殺遺体のある現場へ臨場すると、「吐くなよ」と声をかける。

朝倉 圭吾 – 戸田昌宏
勝俣班 巡査長。妻子あり。連続ドラマ版第1 – 3話に登場。
気弱で不器用な性格。薬物事件にからみ、暴力団同士の抗争を煽った上司の勝俣から、白桜会が片桐組に「カチコミ」をかける瞬間を抑えるよう指示され、単独で片桐組に突入するが暴力団構成員に射殺され、殉職。朝倉の葬儀には勝俣班の人間は捜査のため誰一人参列しなかった。後日、勝俣一人で朝倉家へ訪問。郵便受けに大金の入った封筒を放り込んで立ち去る。

遠山 義行 – 井上康
日下班。連続ドラマ版第7話より登場。

大山 聡 – 中林大樹
科学捜査研究所の研究員。連続ドラマ版より登場。

姫川家

姫川 瑞江(ひめかわ みずえ) – 手塚理美
玲子の母。
玲子が高校時代に巻き込まれた強姦事件のことを後悔し、自分を責め続けている。玲子が刑事になった今でも、結婚するまでは一人暮らしをすることに反対している。

姫川 忠幸 – 大和田獏
玲子の父。連続ドラマ版より登場。

    

シェアしていただけるとやる気が出ます!

あなたの神回、神ドラマを教えてください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です